WPテーマ”SWELL”を導入しました

もしかして『テニス肘』ならぬ『内視鏡エルボー』?

URLをコピーする
URLをコピーしました!


photo credit: mugley via photo pin cc

先週突然発症した左手指のシビレ.
加えて肩~上腕~前腕まで広範囲に痛かったので,なんの疑問もなく『椎間板ヘルニア』が悪化したのかな~~と思ってましたが.

でも思いおこせば,発症2日目に内視鏡検査をやっていたとき,左前腕の外側~人差し指にかけてかなり痛くなってカメラを持っていられなくなったなぁ・・
で,今週.
先日の鍼が効いたのか,首~肩にかけてはほとんど痛みがなくなりました.
今の痛みは肘のあたりと左の人差し指.
これって・・もしかして・・『テニス肘』!?

テニス肘ってのは,まぁ,テニスをやったことある人なら聞いたことあるでしょうが,初心者が手首を外側へ回す(回外)運動,たとえばバックハンドストロークをやりすぎると,肘を痛めるってもので要するに過負荷か筋力不足が原因.
私の場合の原因はテニスじゃなくて,胃&大腸内視鏡(たぶん).
左手でカメラ本体を持つんですが,肘から上を垂直に立てて手首を手の甲側に軽く曲げた状態でさらに指を伸ばして操作するんです.
最近かなり検査件数が多いし,筋トレもあまりやってないから負荷がかかりすぎたのかな~~と思いました.
治療法は安静第一!
でも内視鏡検査をやらないとクビになっちゃいます(涙
仕方がないので,テニス肘用のサポーターでも買ってくるかな・・
でもこれって労災認定してもらえないのかしら?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる